意外と便利!通販で着物を選んで購入するメリット

涼しい着方を考える

和服の婦人

高温多湿な日本の夏こそ着物の出番です。浴衣や着物で夏祭りに参加する人も多くいるでしょう。選び方や着方で涼しく着こなす方法もあります。着物の肌着にはさまざまな種類があり、化学繊維で作られたものや絹、綿、麻などの自然素材で作られたものもあります。化学繊維と絹は保温効果が高いので夏の着物の下に着けるのは、恐らく辛いでしょう。綿や麻で作られたものは、通気性もよく汗を吸って乾かしてくれます。浴衣の色が薄いものを選ぶ時には麻の肌着だけでは透ける恐れがありますので、注意が必要です。着物の下着として、最近ではカップ付きキャミソールやフレアパンツなどが人気です。着やすいし、下着を着こまない分涼しく着ることができます。着物や浴衣を着る時、特に体型補正が要らない体型なら補正アイテムをオフしていくのも、通気性を上げて涼しくするコツになります。前板やタオル、着物ベルトを着けずに型くずれしないか確認してみてはいかがでしょうか。この方法は胸や腰などメリハリの強い体型の人には残念ながら使えないので、それ以外の方法で涼しさを保つ方法を考えるのがオススメです。凹凸の少ない体型の方が着やすいように作られているので、お尻や胸の大きくウエストの細いタイプは、胸が帯に乗らないように補正が必要です。また、凹凸が大きいとその分だけシワが入りやすくなるので、調整アイテムは必要になります。タオルを巻くとやはり暑いので、一部では保冷剤を仕込むなど、小技を使って暑さを回避する方法を行なっている人もいるようです。